学校長あいさつ

学校長あいさつ

松江北高校のホームページにようこそ。

  はじめまして。4月1日に着任しました校長の常松徹です。私は、新規採用教員だった昭和59年からの4年間、平成16年4月から24年3月までの8年間、本校では二度の勤務経験があり、今回は3度目、通算で13年目の勤務となります。本校の卒業生ではありませんが、母校のつもりで誠心誠意その任を務めたいと考えています。どうぞよろしくお願いします。

  本校は、明治9年(1876年)に創立された教員伝習校変則中学科、翌年独立した松江中学を前身とする、歴史ある学校です。平成28年には創立140周年を迎えました。「質実剛健」の校訓を掲げ、二本の松(双松)のもと、4万人を超える若人がここに学び、地域・国内外において、行政・医療・福祉・教育・産業界等のリーダーとして、さらには学術・芸術・文化領域でも、第一線で活躍する人材を輩出してきました。校歌三番「松江北高ここにあり」の歌詞のとおり、全県を牽引するリーディングスクールとしての自負と気概を持った学校です。

  放課後になると、校庭や体育館から運動部の元気の良い掛け声、校舎では音楽系部活動が奏でる音が響きます。また、教室や図書館では、遅くまで灯がともり、自習に勤しむ生徒の姿があります。旧制松江中学から受け継がれた校訓「質実剛健」のもと、文と武の両立を実現し、世界の人たる矜持を持って、教職員と生徒がともに学び続ける学校です。

ピックアップコンテンツ

  • 学校だより(あかやま)
  • 証明書発行
  • 部活動