1.基本方針

(1)「質実剛健」と「文武両道」の伝統文化を受け継ぎ、心身ともに健康な人格の形成を目指す。
(2)自他の人権を尊重し、道徳性・社会性に富む生徒を育てる。
(3)個性を伸ばし、創造性を培い、主体性・実践力のある生徒を育てる。

2.本年度の部活動

(1)設置部活動

バスケットボール部(男女)、バレーボール部(男女)、バドミントン部(男女)、新体操部(男女)、体操部(男女)、卓球部(男女)、野球部、サッカー部(男子)、陸上競技部(男女)、ボート部(男女)、弓道部(男女)、剣道部(男女)、柔道部(男女)、テニス部(男女)、ソフトテニス部(男女)、水泳部(男女)、登山部(男女)、JRC部、演劇部、合唱部、自然科学部、華道部、箏曲部、茶道部、コミュニケーション部、写真部、生活科学部、書道部、新聞部、美術部、文芸部、放送部、吹奏楽部、パソコンサイエンス部、百人一首かるた部、将棋囲碁部、弦楽部

(2)活動時間・休養日等

  1. 活動時間 学期中 平日3時間程度 週休日等4時間程度
    長期休業中 4時間程度
  2. 休養日 週当たり1日以上とする。
  3. その他 夏・冬の長期休業中は3日以上の長期休養期間を設ける。また、春休みの長期休業中は2日以上の長期休養期間を設ける。
    定期試験の 1 週間前から原則として休養日とする。
    総体前の活動については特別に活動を認める。

(3)大会参加について

  1. 高体連・高文連の主催・共催・後援の大会
  2. その他の大会については校長が許可したもの

3.部活動運営について

(1)体罰等の根絶

部活動指導者は、いかなる理由があっても、部活動での指導で体罰を正当化することは誤りであり、決して許されないものであるとの認識を持ち、体罰等のない指導に徹する。

(2)安全管理と事故防止

  1. 生徒の健康管理の把握を行う。
  2. 事故の未然防止のため、施設・設備の点検を行う。
  3. 危機管理体制の徹底を行う。

(3)保護者の理解と協力

保護者の理解と協力は、部活動の運営上欠かすことができない大切なことであるため、活動計画等を明確にし、保護者に理解を得る。