校長あいさつ

 

 

島根県立松江北高等学校ホームページへようこそ

校長写真(木原)

 松江北高等学校は、明治9年(1876年)に創立された教員伝習校変則中学科、翌年独立した松江中学を前身として、創立以来145年を超える歴史と伝統のある学校です。

 「質実剛健」を校訓に、高い理想と志ある教育を実践し、これまで4万人を超える卒業生が、島根県内はもとより全国そして世界の第一線で、また地域や社会の一員として活躍してきました。

 現在も「質実剛健」の理念を継承し、文武両道の実現を目指しながら、新しい時代を支えリードする人を育成する教育に取り組んでいます。

 

 「環境が人を育てる」という言葉があります。

 長年受け継がれてきた松江北高等学校のすぐれた教育環境が、これまで数多くの若者を育ててきました。

 私は校長として、この歴史と伝統の中で培われた「北高の教育」の理念を改めて見つめ、その本質を大切にしながら、これからの時代を生きていく生徒たちに必要なものは何か、そのために必要な教育は何かを考え、実践したいと考えています。

 

 今、社会は大きく変化しています。

 急速な情報化、オンライン化・デジタル化が進み、国を越えたグローバルなつながりは、もはや日常となりました。

 一方で新型コロナウイルス感染症の影響が見通せず、これからの社会のあり方を日本のみならず世界各国が模索している状況です。

 このような将来を生きていく若者を育成する上で高等学校の果たすべき役割は大きく、松江北高等学校でも、こうした時代を生きる力を育成する教育を進めていく必要があります。

 

 生徒一人ひとりを大切にし、主体的な学びに取り組む環境を整えながら、島根のリーディングスクールとしての役割を果たしていくことができるよう、教職員ともに力を合わせて取り組んでまいります。

 

校長 木原 和典